受験対策なら岐阜市の個別指導学習塾 | スクールIE茜部校

新着情報

大切なのは「二年生」の過ごし方

2016/05/09

中学に比べて高校では同じ三年間であっても学習範囲や難易度が大きく変わってきます。
先月から新学期が始まり、最初は緊張していた生徒も多いかと思いますが、1ヶ月経ち、ゴールデンウィークも終わり、少しずつ慣れてきたころではないでしょうか。
特に二年生に進学した生徒は、後輩もできて、一年生の時に既にわかっている学校生活の「勝手」もあり、高校生活の中では一番自由が効く時期とも言えます。
 
そんな中で、気をつけなければいけないのが、「慣れ」です。
「慣れ」というのはとても恐ろしく、限られた学校生活を過ごす上では、一番気をつけなければならないことであり、場合によっては多くの時間を無駄に過ごしてしまうことになりかねません。
 
というのも、先に書いた学校生活の「勝手」がわかってくると、例えば、宿題なども「先生に怒られなければ良い」という考え方になってしまい、友人のノートを書き写して提出したり、定期テストの点数も赤点じゃなければ補習授業も受けなくていいし、勉強もそこまで頑張らなくてもいい、という考え方になってしまいます。
 
実際に、思ったように学習に取り組むことが出来ず、自分の結果に危機感を感じ、それを改善しようとしているうちはまだ良いのですが、改善策が実行されないまま、悪い成績を取り続けていると、その状況に慣れてきてしまい、向上心が損なわれ、勉強が嫌いになってしまいます。
 
学校での勉強では、多くの生徒が「やらされている感」を感じながら学習に取り組んでいます。それでも、勉強に頑張って取り組んだ生徒が結果を出します。
この「やらされている感」というのは、最初は少なからず感じることですので、最初は面倒だと感じながらも耐えて、定期テストなどで良い結果が出るころには「得意科目」が確立され、勉強することに対して「やらされている」と感じる気持ちは少なくなっていきます。
 
努力した結果何かを得ることが出来れば、そこには「達成感」があります。
小さな目標をいくつも達成していくことでそれがやる気に変わっていくのです。
 
ある意味これも「慣れ」の一種ですが、高い基準を常とすることが出来れば、自分が怠った部分ややりきれなかった部分にも正面から向き合うことが出来、次に生かすことが出来ます。
 
高校生活を平穏に過ごすことを考えるのではなく、目標と結果を求めて今やるべきことと向き合っていくことが将来に繋がっていくのです。
 
スクールIE茜部校の個別指導では、そういった考え方も踏まえて指導しておりますので、上記は考え方の一つであり、生徒によっては当てはまらないこともあるかもしれませんが、柔軟に対応し、目標が達成できる生徒の育成を考えております。

« 一覧へ戻る

お問い合わせはこちらです。 TEL. 058-278-6001 FAX. 058-278-6002 Mail form

茜部校

スクールIE 茜部校
〒500-8263
岐阜県岐阜市茜部新所3丁目246

受験対策は岐阜市の学習塾【スクールIE 茜部校】にお越しください。個別指導でお子様のやる気を引き出します!

  • お問い合わせはこちら TEL. 058-278-6001 FAX. 058-278-6002
  • Mail form

近隣校のご紹介 other school

スクールIE 岐阜則武校
〒502-0932
岐阜県岐阜市則武中2-35-12
  • TEL. 058-215-7782
スクールIE 穂積校
〒501-0223
岐阜県瑞穂市穂積字中原1451-3
シャインハウスエサキ
  • TEL. 058-329-4119
スクールIE 岐南校
〒501-6018
岐阜県羽島郡岐南町下印食3-47
  • TEL. 058-268-5115
スクールIE 羽島正木校
〒501-6207
岐阜県羽島市足近町7-511-1
  • TEL. 058-394-6001

ページの先頭へ

MENU